忍者ブログ

さあ!ナイファンチを楽しもう!

沖縄空手無想会 最高師範 新垣 清氏のセミナーに参加してからナイファンチの稽古を始めました。空手の型とは一体何か?悩んでる方も多いと思います。師範のセミナーに出席して「これだ!」と思い「信じて」稽古しています。皆様もどうですか?一緒に楽しみません?

ナイファンチ立ち・・・腕

自己整体

ナイファンチ立ち15分

終了


今回ナイファンチ立ちをするときに久しぶりなので、

上の位置を後ろにした。

広島で最初に習った方法だ。

スキーのジャンパーに格好が似ている。

こうすると、仮想重心を前に出して行うにバランスが取りやすい。

初心者はこの立ち方から行ったほうがいいと思う。

慣れてくると腕は一見だらっとしたようにたらす。

腕を肩にかけてたらす。

この掛けるのは結構簡単で忘れやすい。

ナイファンチの最初のところからこの状態にしておくと、

胸筋が邪魔し難くなるなる感じを受ける。

また、広筋をうまく活用できる位置になる。



さて、足もみをしなくては・・・。

最近は母に合わせてスライスして、しばらく水に浸した生たまねぎを採るようにしていた。

口がくさくなるのが欠点だが、元気が出る。

血液がさらさらになるようだ。(男は朝も元気!)

ところが足もみをしていると、十二指腸の部分がやたらと痛い。

十二指腸が弱っているようだ。

色々考えてこの生たまねぎの刺激が原因のようだ。

しばらく控えることになる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
Jiro- Nagaya
性別:
非公開

カテゴリー

P R