忍者ブログ

さあ!ナイファンチを楽しもう!

沖縄空手無想会 最高師範 新垣 清氏のセミナーに参加してからナイファンチの稽古を始めました。空手の型とは一体何か?悩んでる方も多いと思います。師範のセミナーに出席して「これだ!」と思い「信じて」稽古しています。皆様もどうですか?一緒に楽しみません?

大阪同好会 練習会

日曜日は練習会でした。

私は新しい職について、頭がパンク、体もふらふら、日曜日の休日も

今週はありませんので参加できません。

下記Y氏からの報告です。



お疲れさまです。

11月29日(日) 練習会報告

N氏、K氏と私の三人


今回は私はセミナーに参加しておりませんのでセミナーでやった事をN氏に教えていただきました。


突きは手の内を落としたあとにかち上げ(肘を落とすことで全体重がのる)があるのではないでしょうか?

スライドしながらの突きを雑誌に仮想の重心の置き所が大事ではないでしょうか?(内帆船ではないでしょうか?)


江南を教えていただきました。


横蹴りと五段の投げは先輩に教えてもらってくだいとの事!よろしくお願いいたします。


投げの練習

内帆船の相対

内帆船の相対の時、重さは敵にあるように練習。

相対をしたあとに単独で形(型)をやると波がえしがいい感じです。


終わる40分の所でK氏が参上、K氏が突きを見てほしとの事。

とりあえず早く突くようにアドバイス、あと仮想の重心の質問がありましたので。


※仮想の重心の話、仮想の重心は常に体の外にあり出し入れすると遅くなります。
真下でも遅くなります。仮想の重心を何処にするかで形(型)の速さがかわるのではないでしょうか?

仮想の重心で重さも変わるのではないでしょうか?

仮想の重心が次のセミナーまでの課題になると思います。


N氏にセミナーの話をしていただき私なりにかなり手応えがありました。

N氏ありがとうございます。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
Jiro- Nagaya
性別:
非公開

カテゴリー

P R